早朝新聞クリッピング 広報効果測定・報道分析

(社)日本パブリックリレーションズ協会加盟

株式会社デスクワン お問い合わせ

広報効果測定とは?

広報効果測定
活動の成果を客観的に測定

当社の広報効果測定サービス「Clipping Analysis Service(CAS:キャス)」は、貴社に関する報道内容を、「どれくらいの大きさの記事になったか?」「記事はどのような論調か?」「伝えたいキーワードが書かれているか?」などさまざまな面から分析し、広報活動の成果として客観的に測定・データ化するサービスです。

ニュースリリースや記者会見、イベントなどの効果を定量(件数・広告換算値)、定性(内容・論調)で把握することで、前年同月比較や同業他社との比較も容易になり、広報パフォーマンスの改善にお役立ていただけます。

デスクワンでは1993年のスタート以来、長年にわたる記事情報データベースの構築・運用に基づき、広報効果測定のノウハウを蓄積してきました。

広報分析イメージ図
「広告換算値」で包括的に把握

「CAS」によるデータ化の際の重要な指標の一つとして、広告換算値を採用しております。これは、メディアが掲載した記事を広告料金に換算するという手法で、様々なメディアにおける露出量を横断的・包括的に把握するのにきわめて有効です。